家は住まい手が編みあげるもの。
家族の日常がかたちになったもの。暮らしが凝縮されたもの。
リビタが手掛けるリノベ済みの一戸建ては、引渡し時点では未完成の状態。
家を完成形に近づけていくのは住まい手自身です。

トップ > 戸建てリノベ成功のポイント > 空間に「ゆとり」をつくること

家づくりのスタート時にすべてを決めなくていい

「子供部屋をつくる」「趣味が充実してものが増える」「飽きる」「親と住む」 「犬を飼う」・・・ 住宅は何十年も使うものだからこそ今の自分が、将来の自分の生活環境を100%決めることはとても難しい。 家づくりのスタート時に無理に「もしかしたら」を決めなくても、住んでから少しずつ決めていけばいいものです。リビタの戸建てリノベーションは、まずはゆとりのある空間をつくり、手を加えながら家が成長できる暮らしかたを提案します。

オープンスペース

用途を決めないオープンスペースを玄関土間の続きに設けてみると、陶芸や自転車の手入れ・植物の世話など、屋外を利用した趣味も思う存分楽しめる場所に。将来個室をつくりたいときは、壁を立てて部屋をつくることも。

個室

ゆとりある個室は、ひとつの部屋でも例えばカーテンなどの布でゆるく仕切り「主寝室」と「書斎」にしたり、自分たちが必要な機能と広さを自由につくることが可能。あらかじめ壁・天井をビスがきく材料でつくっておくことが重要です。

キッチン

シンク下は、キャスター付のステンレス棚。コンロ下は、大きなゴミ箱。置き家具の棚をいくつか置いて食器棚にすることで、ものの量に合わせて将来レイアウトを変えられるようにしています。壁にはレールを取り付けて、よく使う調理器具をひっかけておくことも。

天井

既存の天井材を取り払うと、隠れていた屋根裏空間があらわれます。縦の空間ボリュームが生まれ、天井の高い開放的な空間に。あらわれた構造材からハンモックやポール、照明などを垂らすことで、暮らしの楽しみが拡がります。

収納

あればあるだけものをつめこんでしまう、扉が付いた収納。ものの量に合わせて、収納の量・しまい方が編集できるように、あえてオープンな収納に。来客時にはカーテンなどで隠すことも。

PageTop