リビタのリノベーション済み戸建ては、シンプルで長持ちして豊かな可能性のあるハコをつくります。そして、住まい手が愛着をもってその建物を住み育てることによって、時代を経ても変わらない価値を持つ建物になるよう丁寧にリノベーションを施しています。

トップ > 販売物件 > つつじヶ丘の家【販売終了】

2015.11.19

▼つつじヶ丘の家

▼リノベ済

つつじヶ丘の家【販売終了】 窓から旅する暮らし

 ©Takuya Furusue

Introduction

移り変わる時間や季節で変化する樹木の色や葉の数、差し込む陽射し、感じる温度。そこにあるのは日々の風景だけど、まるで旅先で出会うそれのように、いつも新鮮な表情をみせてくれる。

とっておきの居場所である窓辺では、ゆっくり本を読みながら昼寝をする。
家族が寝静まったころ、キャンドルを灯して月や星を眺める。
小さな子供は机のようにし思い思いに絵を描く。
公園の隣にある住まいだからこそ、得られる豊かさがあります。

移り変わる自然と隣あわせで暮らすこと、それは1日1日を大切に丁寧に暮らすこと。自らの暮らしに向き合い、愛着をもって家を育て、心地よい時間を自らつくりだす。そんな暮らしのベースとなるハコがここにあります。

窓辺で過ごす時間をデザインする

窓の外に広がる雑木林、光や風を享受するための、窓周りの設えを考えたいと思います。それは視線や体勢を制限することともつながりますが、その結果得られる時間を楽しむことで、より自然を享受できるのではと考えました。それらの設えが外部にも表出することで、家の顔となります。
(設計者 アラキ+ササキアーキテクツ)

gaikan [外観]

[外観]

「中原雑木林公園」に寄り添う住まい

「つつじヶ丘の家」の南東側には、三鷹市が所有する中原雑木林公園があります。公園に対して、高台に位置するため、視線や周囲の建物があまり気にならず、樹木の枝葉を眺めたり、日あたりを享受することができます。

ぞうきーばやし【雑木林】
さまざまの木が入りまじって生えている林。(大辞泉より)

[リビング・窓辺]

[窓辺]

[ダイニング・キッチン]

[ダイニング・キッチン]

[バスルーム]

[洗面]

[ROOM1]

[エントランス]

Plan (土地:120.30㎡、建物: 90.72㎡ +ロフト3.24㎡)

[Doma]
自転車やアウトドア用品を置いたり、シューズクロークにしたり、植物の苗を育てたりするのに格好の場。

[Room1]
ウッドデッキテラスと続く、緑に近い居場所。夜には部屋の四周に樹木の影が映りこむ幻想的な光景も。

[Room2]
いまは1つの部屋ですが、間仕切り壁を立てたり扉をつけて、2部屋にすることも可能。

[kitchen]
オーダーの造作キッチン。自身で収納をアレンジしたり、メンテナンスのしやすいキッチンです。

[Living Dining]
約16畳の大空間。木造戸建てならではの、屋根裏をあらわしたダイナミックな空間ボリューム。

[Loft]
収納や書斎にぴったりの場。※床面積には含まれていません。

[イメージ] ロフト事例(世田谷野毛の家(設計A+Sa)より)

Access

◆京王線・急行停車駅 「つつじヶ丘」駅 徒歩16分 
駅までは徒歩はもちろん、自転車が便利かもしれません。
(自転車の場合約4分(時速20kmで算出)

◆京王線「つつじヶ丘」駅より
「新宿」駅へ17分 (急行利用・直通)
「渋谷」駅へ17分 (区間急行利用・井の頭線へ乗換え)
「大手町」駅へ30分 (区間急行利用・「神保町」で都営三田線へ乗り換え)
「東京」駅へ32分 (急行利用・「新宿」でJR中央線へ乗換え)

◆バス停まで1分、豊富なバス便も利用可
「つつじヶ丘北口」駅から、京王バス[丘21・「深大寺」行] 乗車6分
最寄バス停「上ノ原小学校」下車 本地まで徒歩1分
※平日7時台、15本運転(平成27年11月現在)。時刻表はこちら

◆地域のこと
[スーパーマーケット]
改札前の京王ストアをはじめ、深夜25時まで営業する「ライフ」や根強い人気のある「オオゼキ」などが駅前にあります。

[つつじヶ丘商店街]
また、駅北側から甲州街道までのエリアは、加入店舗数が非常に多いつつじヶ丘商店街となっています。
つつじヶ丘商店街マップ

[手紙社]
手仕事の暮らしの道具や雑貨、焙煎した珈琲を楽しめる「手紙社」があるのもつつじヶ丘です。

[小学校]
「東台小学校」 徒歩11分

Partners

建物設計は、アラキ+ササキアーキテクツ(以下A+Sa)。
頭でデザインを考えるだけでなく、自ら積極的に手を動かしながらつくることを大切にしている建築家グループ。HOWSRenovation実績「世田谷野毛の家」の設計も担当。 [A+Sa]

Interview記事も公開中
Scene01 「必要最低限からはじめる暮らし」はこちら

庭まで続く大きな土間、野菜がのびのび育つ家庭菜園、薪ストーブ、月や星が見えるトップライト。趣味のアウトドアを満喫しつつ、まるで山小屋のような住まいに暮らすのは「つつじヶ丘の家」の設計者A+Sa荒木さんのお兄様。「結婚したり家族が増えたりしたら、変化に合わせて自分で手を加え、愛着を育てていけるような家にしたかったんです。」考えたり、工夫したりしながら、家とつきあっていくことが楽しい、そんな暮らしをぜひご覧ください。

 [インタビュー風景]

これからの住まいのありかたにふさわしい選択、資産性を高めるしくみ

■現行の建築基準法に適合した耐震性能
構造安全性については、耐震診断を実施し、補強工事を実施。現行法に適合した性能を確保しています。(耐震適合証明書取得予定)

■2020年から新築で義務化される予定の断熱性能
全開口部をペアガラスサッシへの交換、外壁・屋根面等の断熱改修を実施しています。その上で、EU各国では不動産取引の際に取得が義務化されている「家の燃費性能」を表示時する証明書(エネルギーパス)を発行、それによる2020年から新築で義務化される可能性ある「次世代省エネルギー基準」を上回る性能を確保しています。

■既存住宅売買かし保険へ加入
検査と保証がセットになった保険制度に加入、それによって既存住宅の住宅ローン控除の利用が可能です。(最大400万円・10年間)

■第三者機関の建物検査を実施(フルスケルトン検査)
優良な既存建物(ストック)を、第三者機関による検査を経て、修繕、再生しています。

■住宅履歴情報の蓄積、長期修繕計画の策定
(社)リノベーション住宅推進協議会の基準にもとづき、検査・工事についての情報や長期修繕計画を住宅履歴として蓄積できるサービスの利用が可能です。

お問い合わせ先

株式会社リビタ 担当:桜庭、水上
 fs@rebita.co.jp
<営業時間> 10:00-19:00
<定休日> 火・水・祝 

※本物件はおかげさまで販売終了しました。

 

建築概要

物件名称 つつじヶ丘の家
所在地 東京都三鷹市中原4丁目
交通 京王線「つつじヶ丘」駅徒歩16分
敷地面積 120.30㎡(実測)
建築面積 90.72㎡(別途ロフト 3.24㎡)
価格 ----
接道・道路幅員 北側・西側/位置指定道路、幅員約4.5mに約8.7m接道
地目 宅地
用途地域 第一種低層住居専用地域
建ぺい率・容積率 40%・80%
権利形態 土地:所有権、建物:所有権
構造・工法・規模 木造スレート葺・2階建
主たる設備の概要 電気/東京電力、ガス/東京ガス、水道/東京都水道局
私道負担面積 113.12㎡のうち持分1/6
建築年月 平成4年3月
リノベーション完了年月 平成27年11月27日
リノベーション施工会社 株式会社コムスタイル
入居時期 --
取引態様 売主
売主 株式会社リビタ
広告主 株式会社リビタ
宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第84602
一級建築士事務所 東京都知事第51167
(社)東京都宅地建物取引業会会員
東京都渋谷区渋谷2-16-1Daiwa渋谷宮益坂ビル11F
TEL 03-5468-9250
更新日 平成27年12月10日
次回更新予定日 ----

関連リンク

PageTop