戸建てリノベーションに欠かせない基本的な知識を解説。
構造の種類やその特徴から、永く安心して住み続けるために利用したい制度など、戸建てリノベーションをはじめる前に知っておきたい情報です。

トップ > Knowledge > 既存住宅売買瑕疵保険

2012.08.16

既存住宅売買瑕疵保険

家の性能と補修費の保険。

中古住宅を購入して、リノベーションで思い通りの住まいをつくりたい。
そんな人にとって、中古物件につきものの劣化や傷みは心配でしょう。

中古住宅の安心を守るために、既存住宅売買瑕疵保険という保険があります。
瑕疵とは、きずや欠点、法的な欠陥などという意味で、雨漏りなどもその一例。
既存住宅売買瑕疵保険は、中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度で、住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を引き受けます。
この保険に加入するためには、その住宅の基本的な性能が、専門の建築士による検査に合格しなければなりません。
そのため、安心が確認された中古住宅を購入することが可能になります。
後日、売買された住宅に欠陥が見つかった場合でも補修費用などが事業者に支払われ、工事が行われるので安心です。
万が一事業者が倒産していた場合には、買主に直接支払われます。

【参考サイト】
●一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会
http://kashihoken.or.jp/

PageTop