これからはじまるプロジェクトの情報、リノベーションのプロセス、各種イベントの様子などを、担当者がリアルタイムでご紹介。
企画の裏側など、ここでしか見れない情報も満載です。

トップ > Report > 黒部研修レポート

2017.11.13

黒部研修レポート

こんにちは。
戸建事業部新人のウエノです。

今回は、窓を作っている会社、YKK AP株式会社の黒部工場での見学についてお話したいと思います。

■knowledgeページの窓についての記事はコチラ

まず、YKK AP さんについて、皆さんもCMなどで聞いたことはありますよね?
「YKKってファスナーの会社じゃないの?」
そう思った方もいらっしいると思います。

そう、そのYKKです。
YKK AP とはファスナーのために生産していたアルミを使って主に窓を作っている会社です。
(APとはArchitectural Products つまり建材の略称となります。)


△YKK AP株式会社とリビタのリノベーション実証プロジェクト「代沢の家」

一般的に窓は、ガラスとサッシ(フレーム)を組み合わせてできています。
黒部工場では、サッシの原料であるアルミを溶かすところから、型枠に押し出しサッシ部品を生産するまでの工程を見学しました。

ここ黒部工場では、原料のアルミの精製からサッシの形成、それらを止めるビス、さらにはこれらを作るための工場用機械も生産しているそうです。

窓の部品や部品を作る機械まで自社で作る。
ひたすら窓に特化したものづくりをすることによって、ユーザーにより良いものを届ける。このような姿勢を現地で感じることができました。

また、生産現場だけではなく、これらの窓を使いなおかつ、自然エネルギーを徹底的に活用した集合住宅のパッシブタウンなども見学しました。(https://www.passivetown.jp
作ったものや伝えたい思い、これらを実際に体感できる場所を作ることはとても重要なことであると感じました。


△パッシブタウンは全3棟の集合住宅 断熱性能の高い窓を使用し、黒部の豊かな自然を活用したエネルギーで快適な生活を実現しています。


△こちらは戸建住戸のパッシブハウス ここではサーモグラフィーカメラで室内の温度差などを可視化することで環境性能の良さを感じることができました。

我々リビタもYKK APさんの実際に窓を作っている、またそれらが使われている現場を見学することで、より実感値をもって、これからのHOWS Renovation のプロジェクトに活用していけるようになりました。

モノづくりの現場に足を運び、まずは自分たちで体感し理解することはとても大切なことで、これからも続けていきたいと思います。

同じように、HOWS Renovationの空間も皆様に体感していただけるチャンスも作り出していきます。
まずは一番早くHOWS Renovation の物件を体感できるイベントはコチラ↓

■宮内優里 LIVE “at home” | 2017.11.18 sat. at HOWS Renovation 井の頭公園の家
井の頭公園そばの住宅街に建つ、とある一軒の戸建てで聴く優しい音楽。
音楽家、宮内優里による演奏会を開催します。
夕暮れにリビングで奏でられる音楽と香るコーヒーで、優しい夜をお迎えください

詳細はコチラ→http://hows-renovation.com/event/live-at-home_miyauchiyuri


△井の頭公園の家(http://hows-renovation.com/forsale/inokashira-koen

■YKK AP株式会社とリビタのリノベーション実証プロジェクト「代沢の家」の紹介はコチラ

PageTop