これからはじまるプロジェクトの情報、リノベーションのプロセス、各種イベントの様子などを、担当者がリアルタイムでご紹介。
企画の裏側など、ここでしか見れない情報も満載です。

トップ > Report > 住まい手インタビュー「余白を楽しみ、自ら手を入れながら暮らし…

2015.03.15

▼野毛の家

住まい手インタビュー「余白を楽しみ、自ら手を入れながら暮らしていく、戸建てリノベーションという選択。」

 

こんにちは、戸建て担当の田中です。

構造用合板の壁と、中2階に浮かぶバスルーム、全6層のスキップフロアをつなぐ吹き抜けが印象的な「世田谷野毛の家」。HOWS Renovatinのコンセプトがたくさんつまった家です。

ガイアの夜明けをはじめ、たくさんのメディアに取り上げていただいたこの住まいに、昨年5月から暮らしはじめたD様ご夫婦インタビューを、リビタのコーポレートウェブサイトに掲載しました。

◇どうしてリノベーション済一戸建てを選んだの?
◇どんなふうに、住まいに手を加えているの?
◇暮らしの様子は?
◇今後やってみたいことは?   etc….

取材のときには、「20年後くらいには、今度はもっと広い戸建てを買ってリノベーションしてみたい!」と、住まいに対する自由な展望が印象的でした。戸建てリノベの可能性をぜひご覧ください。

 

お宅拝見Vol.36
『余白を楽しみ、自ら手を入れながら暮らしていく、「戸建てリノベーション」という選択。』

 

リビタのClub Renovation会員さまへお届けしているリノベーションブック『+R』にも、たくさんの写真とともに掲載しています。会員登録がまだの方は、ぜひこちらからご登録ください。

PageTop