自ら育てていく住まい。

手を入れやすい“素材”を選ぶ。

長く丁寧に住まうためには、素材選びが大切です。完成品としての価値より、長く使い続けること価値が高まる木の素材。変化にも対応できる設備。無垢の素材を育てることで、住まいへの愛着が生まれます。

#経年変化を楽しむ床材
#手ざわり・足ざわりのよさ
#造作できるキッチン
#ビスが効く壁材
#キズや汚れも味になる
#愛着のわくウッドデッキ
1 2 3 4 5