リビタのリノベーション済み戸建ては、シンプルで長持ちして豊かな可能性のあるハコをつくります。そして、住まい手が愛着をもってその建物を住み育てることによって、時代を経ても変わらない価値を持つ建物になるよう丁寧にリノベーションを施しています。

トップ > 販売物件 > 永福町の家【販売終了】

2017.04.11

▼永福町の家

▼リノベ済

永福町の家【販売終了】 静けさの中に四季の移ろいを味わう家

※おかげさまで、本物件の販売は終了しました。 

 

静けさの中に四季の移ろいを味わう家

杉並区永福町4丁目。京王井の頭線の急行停車駅『永福町』から徒歩7分、23区内でも有数の広大な緑が広がる和田堀公園にもほど近く、春には善福寺川沿いの桜も楽しめる。駅へのアクセスと緑豊かな環境、両方を兼ね備えた閑静な住宅街。
落ち着いた空気が流れる場所に建つ一邸、HOWS Renovation 永福町の家。

静けさをたたえた希少な環境の中でこそ、ゆとりある敷地と建物の魅力が引き立ちます。

空が感じられ、明るい雰囲気の2階は、家族みんなが自然に集まってくるLDK。
天井を表しにして、広く開放的な空間にしました。

キッチンは、ダイニングとリビングが見渡せる位置に配置しています。

そして、屋外に伸びたベランダにはデッキ材を設置。アウトドアもお楽しみ頂けます。
周辺も低層の住宅のため、空が広く開放的です。

空間全体を覆うフローリングはチークの無垢材。
使う程に色が落ち着いてきて、空間にしっくりと馴染んできます。
また建具や壁の一部にはラワン合板を。
そして、建具や長押には真鍮の無垢材を使用して、空間のアクセントにしています。
どの材料もご自身でメンテナンスしながら、自分たちの生活に馴染ませていく「育てる材料」です。
身体の一部が常に触れる材料を自分達で育てながら生活していく。
それはとても贅沢で唯一無二な生活スタイルを提案しています。

そして1階南側の広い洋室には、和の趣きを感じる庭が窓前面に広がります。
雪見障子からの柔らかな光と、四季を感じる庭を楽しめる空間。

 
 
 
 
 
 

 

約16帖のこの空間をどのように使うかは、住まい手次第。

用途を決めない、余白のある空間としています。
1室のまま贅沢に使っても、2室に分け使ってもよい構成にしており、ライフステージにあわせて手を入れていくことも可能です。

広くゆったりとした贅沢な寝室。
2室に分け、ご家族の個室や書斎として。
ご友人と語らう客間。
もしくは、2階をダイニングと書斎として使い、こちらを“和と柔らかな光のリビング”として楽しんでも。

またこのメインベットルームからWIC、そして洗面、浴室に抜ける事ができる回遊動線も確保。
家事動線や生活動線を考慮しながら、1階の使い方にも自由度が上がります。最大4室確保することもできます。

 

育てる素材

リビタの戸建て[HOWS Renovation(ハウスリノベーション)] が提案するのは、住み継がれる住まい。シンプルだけど長持ちして豊かな空間の可能性がある箱。そして住まい手自身が愛着をもってその建物に関与しつづけられる仕組みを提案しています。家が耐久消費財ではなく、時代を経ても変わらない魅力にあふれ、次世代へ住み継ぐべき資産となるように。
そして体に触れる材料だから、華美な高級感ではなく、素材として上質でシンプルなものを使いたい。
そんな思いで素材を選んでいます。 

フローリングはチークの無垢材。使うほどに色が落ち着き、空間にしっかりと馴染んでいきます。
他にも、真鍮、ラワン合板、水性塗料など、どの素材も生活と共に手を入れながら馴染んでいくものとしています。

時を重ねるごとに、価値そのものが深まり、経年優化していきます。

 

 

 

Plan(土地:200.72㎡、建物:133.31㎡)

設計・監理: アトリエエツコ一級建築士事務所 山田悦子
1998年 the Berlage Institute Amsterdam(オランダ・アムステルダム)入学
1999年 moriko kira architect (オランダ・アムステルダム)入社
2007年 アトリエエツコ一級建築事務所 設立
受賞多数

[Interview] リビタ R100 TOKYO / クリエイターズトーク
~想いが大切に継承され、価値となる。~

自分の暮らしに合わせてアレンジする

住まい手の暮らしに合わせていけるように、ニュートラルな空間に仕上げました。
物件価格には追加の工事費・設計料合計300万円分をあらかじめ含んでおり、
お住まいになる前に設計者と打合せを行い、自分にあった暮らしができるよう、収納や建具などを追加いただけます。
※詳細は担当へお問い合わせください

 

Map(京王井の頭線『永福町』駅徒歩7分、『西永福』駅徒歩7分)

 

これからの住まいのありかたにふさわしい選択、資産性を高めるしくみ

現行の建築基準法に適合した耐震性能
耐震診断・補強工事を実施。現行法に適合した性能を確保しています。

■2020年から新築で義務化される予定の断熱性能
主要な開口部をペアガラスへ交換、外壁・屋根面等の断熱改修を実施。
その上で、EU各国では取得が義務化されている「家の燃費性能」を表示する証明書(エネルギーパス)を発行。 

既存住宅売買かし保険へ加入
検査と保証がセットになった保険制度に加入、それによって既存住宅の住宅ローン控除の利用が可能です。(最大400万円・10年間 ※各種条件あり

地盤調査実施済、保証付
地盤要因による修復工事に対する保証です。 (保証期間20年、保証金額2,000万円。) 

第三者機関の建物検査を実施
優良な既存建物(ストック)を、第三者機関による検査を経て、修繕、再生しています。 

住宅履歴情報の蓄積、長期修繕計画の策定
(社)リノベーション住宅推進協議会の基準にもとづき、検査・工事についての情報や長期修繕計画を住宅履歴として蓄積。 

☞リビタのリノベーション指針はこちらでご紹介しております。

 

お問い合わせ

株式会社リビタ  担当:桜庭
<TEL> 0800-300-1296(フリーコール) <MAIL> fs@rebita.co.jp
<営業時間> 10:00-19:00  <定休日> 火・水・祝

建築概要

物件名称 永福町の家
所在地(住居表示) 東京都杉並区永福4-15-11
交通 京王井の頭線『永福町』駅徒歩7分、『西永福』駅徒歩7分
権利形態 土地:所有権、建物:所有権
構造 木造スレート葺
規模 2階建
販売価格 ----
敷地面積 200.72㎡(実測)※道路後退面積0.03㎡を含む
私道負担面積 0.03㎡
建物面積 133.31㎡(1階:78.66㎡、2階:54.65㎡)※登記簿
接道・道路幅員 東側現況幅員3.6 m道路(位置指定道路)
主たる設備の概要 電気/東京電力、ガス/東京ガス、水道/東京都水道局
地目 宅地
用途地域 第一種低層住居専用地域
建ぺい率・容積率 50%・100%
築年月 平成12年8月
入居時期 即時
取引態様 売主
リノベーション施工会社 株式会社英建設
リノベーション竣工 平成28年12月
売主 株式会社リビタ
広告主 株式会社リビタ
宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第84602
一級建築士事務所 東京都知事第51167
(社)東京都宅地建物取引業会会員
東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル11F
TEL 03-5468-9250
photo 古末拓也
更新日 2017/4/24
次回更新予定日 ----/--/--

関連リンク

PageTop