桜台の家【販売終了】|販売物件|HOWS Renovation Lab.

リビタのリノベーション済み戸建ては、シンプルで長持ちして豊かな可能性のあるハコをつくります。そして、住まい手が愛着をもってその建物を住み育てることによって、時代を経ても変わらない価値を持つ建物になるよう丁寧にリノベーションを施しています。

トップ > 販売物件 > 桜台の家【販売終了】

2018.07.15

▼リノベ済

桜台の家【販売終了】 減築により広がりとゆとりを描いた住まい

※本物件はおかげさまで販売終了いたしました。

Introduction

なだらかに曲線を描く階段を行き来するたびに、一段一段変化していく景色。

広がりのあるリビングとデッキテラスから、“コア”の描く曲線へ、そして吹き抜けと窓の空間へ。

奥行きと縦方向の抜けにより、ドラマティックな景色の連続が日常に落とし込まれている住まいです。

この景色の中で育まれる家族の日々は、あたたかくも印象的なものになり、記憶に焼きついていくことでしょう。

 

設計者コメント(アラキ+ササキアーキテクツ)

青葉台駅から徐々に坂を登った先に「桜台の家」はあります。
開けた眺望や、手入れされた庭がぽつぽつと点在する環境に恵まれた物件です。一方でそれぞれの良い点が高低差によって独立している印象を持ちました。そこで既存の体験や風景を立体的に関係付けることで、魅力をより享受出来ないかと考えました。
内部では新たに吹抜けを設けることで段々と上に向かう空間を追加しており、吹抜けが演出する縦方向の奥行きと共に、コアの曲面壁が広い空間に対し横方向の奥行きを作っています。外部には新設のスチールフレームが擁壁と組み合わさり、道路から見上げた際の家の新しい顔となっています。また、段差を行き来する中で、もともと独立していた風景を横断的に楽しむことが出来ます。
リノベーションでは既存空間の魅力を底上げすることに加え、家族の住まい方にも提案していきます。
「桜台の家」では屋内外の立体的な仕掛けと奥行きによって、家族間のコミュニケーションやプライバシーが適度に調整される家となることを目指しました。

 

Plan(土地:247.02㎡・建物:128.24㎡)

 

吹き抜けのある開放感のある住まい

玄関からなだらかな曲線を描く壁と階段が、リビングに柔らかな佇まいと、わずかなインパクトを添えます。
なだらかな壁面に囲われた「コア」に水回りを設え、ぐるぐると回遊できるようにした設計は、日常を少し楽しくしてくれます。

玄関を入ると広い土間空間。上部は吹き抜けへとつながり、訪れる人を開放的な空間が迎えます。
コアの曲線に沿ってゆるやかに伸びる階段が、視線を上部へと誘います。

もともと総2階だった建物を減築し、吹き抜けをつくっています。
1階の土間空間を見下ろしたシーンや、高台からの眺望を背景にファンが回るシーンが楽しめます。
階段を上りきった右手には、開放的なフリースペースを設けています。
書斎やライブラリーなど、この空間の気持ちよさを感じながら使いこなしてほしい場所です。

リビングから庭へと続く広いデッキテラス

リビングからフラットに続く、広いデッキテラス。
スチール製のパーゴラには、グリーンをハンギングしたり、ハンモックやブランコを設置したりできます。


 

メインベッドルームを想定した2階の洋室。吹き抜けへ向けて室内窓を設けています。

1階コア内部のバスルーム。ゆとりある広さがあり、外への窓と、室内の回遊部分への窓を設けることで、開放感と視線導線の面白さを感じられる設計です。

バスルームに隣接している洗面室には2ボウル設けています。

 

設計パートナー: アラキ+ササキアーキテクツ(A+Sa)

http://arakisasaki.com/

積極的に手を動かし試作・試行する「“Hands-on” approach」を設計方法論として掲げる建築士事務所。
立地や既存建物の状態から個性を読み解き、そこへ最初からつくりこみすぎず住まい手にゆだねる余白を残す設計、手を入れていける構成と素材づかいで心地よい空間を生み出します。

・世田谷野毛の家

・つつじヶ丘の家

・日吉本町の家

etc.

Access

・東急田園都市線「青葉台」駅より徒歩12分
駅からの南北に伸びる通りは並木とセンスのよいお店が立ち並び、常に人々が行き交い、知る人ぞ知るビンテージマンションがあったりと、街の遷り変わりと共に時を紡いできた歴史を感じる、沿線でもとても人気の街です。

<販売終了につき地図は非掲載としております>

<周辺情報>
[スーパー]           
・ユーコープ桜台 徒歩3分

[コンビニ]
・ ローソン 徒歩3分

[学校]
・みたけ台小学校 徒歩11分
・みたけ台中学校 徒歩13分

[病院]
・たちばな台病院 徒歩7分

これからの住まいのありかたにふさわしい選択、資産性を高めるしくみ

■第三者機関の建物検査を実施(フルスケルトン検査)
優良な既存建物(ストック)を、第三者機関による検査を経て、修繕、再生しています。

■現行の耐震改修促進法に適合した耐震性能
構造安全性については、耐震診断を実施し、補強工事を実施。
耐震改修促進法に適合した性能を確保しています。(耐震基準適合証明書取得済)

■2020年から新築で義務化される予定の断熱性能
主要な開口部をペアガラスへ交換、外壁・屋根面等の断熱改修を実施。
その上で、EU各国では取得が義務化されている「家の燃費性能」を表示する証明書(エネルギーパス)を発行。

■既存住宅売買かし保険へ加入
検査と保証がセットになった保険制度に加入、それによって既存住宅の住宅ローン控除の利用が可能です。
(最大400万円・10年間 ※各種条件あり)

■地盤調査実施済、保証付
地盤要因による修復工事に対する保証です。 (保証期間20年、保証金額2,000万円。)

■「フラット35リノベ」適合予定
技術基準を満たした性能向上リフォームが行われた物件を購入する場合に、フラット35の金利を引き下げる制度が平成28年10月から始まりました。
詳しくはこちら

■住宅履歴情報の蓄積、長期修繕計画の策定
(社)リノベーション住宅推進協議会の基準にもとづき、検査・工事についての情報や長期修繕計画を住宅履歴として蓄積。
☞リビタのリノベーション指針はこちらでご紹介しております。

 

お問い合わせ

株式会社リビタ  担当:桜庭・鈴木
<TEL> 0800-300-1296(フリーコール) <MAIL> fs@rebita.co.jp
<営業時間> 10:00-19:00  <定休日> 火・水・祝

建築概要

物件名称 桜台の家
所在地(住居表示) 神奈川県横浜市青葉区桜台
交通 田園都市線「青葉台」駅徒歩12分
権利形態 土地:所有権、建物:所有権
構造・工法・規模 木造スレート葺・2階建
販売価格(税込) ----万円
敷地面積 247.02㎡(登記簿)
建物面積 128.24㎡(1F:77.91㎡、2F:50.33㎡) ※付属建物として車庫あり(鉄筋コンクリート造地下1階建、13.06㎡)
私道負担面積 無し
接道・道路幅員 南西側幅員約5.5mの公道に約9.0m接道
主たる設備の概要 電気/東京電力、ガス/東京ガス、水道/横浜市水道局
地目 宅地
用途地域 第一種低層住居専用地域
建ぺい率・容積率 50%・80%
建築年月 昭和60年4月
リノベーション工事会社 二ツ木株式会社
リノベーション工事竣工 平成30年3月竣工
現況 --
引渡し --
取引態様 売主
売主・広告主 株式会社リビタ
宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第84602
一級建築士事務所 東京都知事第51167
(社)東京都宅地建物取引業会会員
東京都目黒区三田一丁目12番23号
TEL 03-5656-0080
Photo Kenta Hasegawa
更新日 2018/8/9
次回更新予定日 ----/--/--
PageTop