レポート

お宅拝見|240㎡の拡張性と余白を残す豊かさ

お宅拝見|240㎡の拡張性と余白を残す豊かさ

「赤堤の家」は、面積が240㎡以上ある5層のスキップフロア。正面にある大きなケヤキを中心に緑に囲まれた環境に建つ、レンガ張りのコンクリート造の戸建てです。

自然と人工物の対比に惹かれ、この物件を選んだのは、30代の単身男性のMさん。壁に好きなアートを飾り、余白は余白のまま残し、将来的な変化にも柔軟に対応していきたいと話します。暮らしぶりについてお聞きしました。

☟こちらからどうぞ。

ReBITAの暮らし再発見マガジン「のくらし」
お宅拝見 vol.86 240㎡の拡張性と余白を残す豊かさ

事例

【赤堤の家】変わらないことの価値と、変えられることの価値

赤堤の家

その他、おすすめのラボ情報を見る

おすすめの物件情報を見る